お薦め講師紹介

楠木 新 ( クスノキ アラタ )

職 業 楠木ライフ&キャリア研究所代表
ジャンル ○実務研修
○教育・健康・環境・生活
コメント サラリーマンからの転身者150人へのインタビュー、 自身の「うつ状態」での休職体験、会社員とフリーランス(執筆、セミナー)を 10年間並行した実体験、採用責任者の経験などをもとに主催者の要望に 合わせて講演、セミナーを行います。

Kusunoki_arata

プロフィール
1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。
人事・労務関係をはじめ総合企画、支社長などを経験。
勤務のかたわら、「働く意味」「個人と組織」をテーマに取材を続け、執筆、
大学の非常勤講師、講演などに取り組む。
朝日新聞be(土曜版)キャリア欄で「こころの定年」を1年余り連載。
2015年、定年退職後も引き続き幅広く活躍中。
MBA(大阪府立大学大学院)、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、
関西大学商学部非常勤講師(「会社学」)(~’11年)
  
講演テーマ

・「中高年社員の活性化」(5年後、10年後の働き方)
・「管理職、人事担当者向けメンタルヘルス研修」
・「働かないオジサンにならない4つの働き方」
・「定年前後の自分革命」
・「ライフワークの見つけ方、目指せ!生涯現役」
・「サラリーマンとフリーランスのハーフハーフ」
・「採用面接の4つのフェーズ」
・「あなたが、もし志望する会社の人事課長だったら?」
・「就活は最後の子育て」

 

書籍
『定年後 ~50歳からの生き方、終わり方』(中央公論新社 2017年4月)
『左遷論』(中央公論新社 2016年2月)
『こころの定年を乗り越えろ』(朝日新聞出版社 2015年10月)
『知らないと危ない、会社の裏のルール』(日本経済新聞出版社 2015年2月)
『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』(東洋経済新報社 2014年6月)
『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか- 人事評価の真実』(新潮社 2014年4月)
『サラリーマンは、二度会社を辞める。』(日本経済新聞出版社 2012年11月)
『人事部は見ている。』(日本経済新聞出版社 2011年6月)
『就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす』(朝日新聞出版社 2010年9月)
『会社が嫌いになったら読む本』(日本経済新聞出版社 2009年8月)
『ビジネスマン「うつ」からの脱出』(創元社 2003年4月) 他多数
 

実績
NHK ハートフル講演会、NHK Eテレ 「めざせ!会社の星」、「週刊BS-TBS報道部」の特集「こころの定年」、
NHK ラジオ第一放送、日本能率協会、日本マンパワー、明治大学、関西大学、大阪府立大学、大手企業、
労働組合など多数

 

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ