二宮 清純 (ニノミヤ セイジュン)

職業 スポーツジャーナリスト
ジャンル スポーツ
コメント スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中スポーツジャーナリストとして活躍する一方、「地域」と「住民」を主体としたスポーツクラブづくりにも取り組んでいる。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーター、講演活動と幅広く活動中。

プロフィール

1960年、愛媛県生まれ。
スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、
メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。
1990年6月より、インターネット・マガジン「 Sports Communications」(http://www.ninomiyasports.com)を設立。また、2006年4月に、携帯サイト「二宮清純.com」(http://ninomiyaseijun.com)を開設した。
スポーツジャーナリストとして活躍する一方、「地域」と「住民」を主体としたスポーツクラブづくりにも取り組ん
でいる。テレビのスポーツニュースや報道番組のコメンテーター、講演活動と幅広く活動中

講演テーマ例

  • 「勝者の思考法」
  • 「スポーツが文化たりうるために」
  • 「奇跡のリーダーシップ」

主な著書等

『スポーツ名勝負物語』
(講談社現代新書)
『最強のプロ野球論』
(講談社現代新書)
『勝者の組織改革』
(PHP新書)
『勝者の思考法』
(PHP新書)
『プロ野球戦略会議』
(廣済堂出版)
『スポーツを「視る」技術』 )
(講談社現代新書
『フォワードなき日本格差社会』
(木村剛氏との共著・ナレッジフォア)
『1ミリの大河~新スポーツ論』
(マガジンハウス)
『600字の風景』
(光進社)
『プロ野球の一流たち』
(講談社現代新書)