お薦め講師紹介

若林 正人 ( ワカバヤシ マサト )

職 業 エッセイスト
放送タレント
ジャンル ○経済・経営・ビジネス
○政治・社会・国際・法律
○芸術・芸能
コメント 外国生活の体験エピソードもまじえた、ユーモアたっぷりの講演は、経営者セミナーのみならず、主婦にも人気。テレビでの印象とは少し異なる洗練されたエッセイの評価も高く、執筆活動にも精力的。 また、クラッシック音楽にもたいへん造詣が深い。「 ひょうきんなカワイイおじさん」として女学生から、「日本の情緒の代弁者」として年輩の方にまで、幅広い支持を受けている異色の人物である。

プロフィール
昭和13年  長野県松本市生まれ。
昭和31年  長野県立松本深志高校卒業。
昭和35年  東京大学法学部を卒業して東京銀行入行。
昭和41年  同銀行の社命で西ドイツのマールブルグ大学に1年間留学。
        その後、東銀デュッセルドルフ支店に2年間勤務。 更にフランクフルト、ハンブルグの各支店勤務
        を続けた後に4年間オーストリアのウィーン主席駐在員として、60年代の日本の高度成長時代の
        金融機関の一員として、彼我の経済、文化に関する差異を身を以って体験した。
昭和58年  帰国後、同行営業企画部産業調査室審議役を勤める。
昭和60年  テレビ朝日の報道新番組「ニュースステーション」の一般公募で6千人の応募者のあったオーディ
        ションに挑戦、異色のキャスターとして採用されることになり、東京銀行を47才で退職。
        その豊富な経済知識により、経済を一般市民に分かりやすく解説できるキャスターとして大きな
        反響を呼んだ。反面、「夜桜中継」でお茶の間の人気を一気に博した。情緒あふれるレポーター
        としても才能を発揮。
        その後、「スーパーモーニング」(テレビ朝日系列全国ネット)のメインキャスターに抜擢
        されるなど、その個性豊かなキャラクターは留まるところを知らない。辛辣と温かみが微妙に露呈
        するラジオのパーソナリティとしても東西を問わず大好評。
        外国生活の体験エピソードもまじえた、ユーモアたっぷりの講演は、経営者セミナーのみならず、
        主婦にも人気。テレビでの印象とは少し異なる洗練されたエッセイの評価も高く、執筆活動にも
        精力的。また、クラッシック音楽にもたいへん造詣が深い。
        「 ひょうきんなカワイイおじさん」として女学生から、「日本の情緒の代弁者」として年輩
        の方にまで、幅広い支持を受けている異色の人物である。

講演テーマ
豊かに生きるには ~テレビの裏側から~
国際化の時代を迎えて ~テレビの裏側から~
どうなる これからの日本 ~テレビの裏側から~
東は東、西は西

実績/書籍 等
『日本経済の乱気流を読む』 (時事通信社)
『ヨーロッパの街とおと』 (実業の日本社)
『人生・オーセイ』 (山梨日日新聞社)
■レギュラー出演
  山梨放送、FM東京デジタル放送

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ