お薦め講師紹介

梨田 昌孝 ( ナシダ マサタカ )

職 業 元東北楽天ゴールデンイーグルス監督
ジャンル ○スポーツ
コメント NHKではプロ野球解説、日刊スポーツ誌では野球評論家、その他、講師として幅広く活躍。2016年から2018年まで東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。

プロフィール
1953 年島根県生れ。
1972 年ドラフト 2 位で近鉄バファローズに入団。強肩捕手として活躍する一方、
独特のスタイルでバッティングのタイミングをとる「コンニャク打法」で人気を博す。
現役時代は、リーグ優勝 2 回を経験し、ベストナイン 3 回、ゴールデングラブ賞 4 回を
受賞した。
1988 年に現役引退。
2000 年に大阪近鉄バファローズの最後の監督に就任。2001 年には、前シーズンに最下位
だったチームをリーグ優勝へと導いた。
2008 年から 2011 年は、北海道日本ハムファイターズの監督としてチームを率い、
2009 年にリーグ優勝とクライマックスシリーズ優勝を果たす。その後は、NHK のプロ野球解説、
日刊スポーツ野球評論家として活躍し、2013 年には WBC 日本代表野手総合コーチを務めた。
2016 年から 2018 年まで東北楽天ゴールデンイーグルスの監督としてチームの指揮を執り、
2017 年シーズンはクライマックスシリーズに進出している。3球団での監督通算成績は、
805勝 776 敗である。
講演テーマ
「自己と組織の育成法:梨田流コミュニケーション術」
2004 年、後に「球界再編」と呼ばれる大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブ
の合併が起こりました。当時、大阪近鉄バファローズの監督を務めていた私は、球団が消滅する形で
ユニフォームを脱ぎました。
その後、2008 年から11 年は北海道日本ハムファイターズ、2016 年から18 年は東北楽天ゴールデン
イーグルスの2チームで監督として指揮を執る機会に恵まれ、3球団で監督として 805 勝 776 敗の
成績を残すことができました。
この間、プロ野球界では、私の現役時代には予測できなかった様々な変化が起こり続けています。
半世紀近く私が選手、そして監督としてプロ野球に関わったそれぞれの時代、チーム、選手の特徴
を解説しながら、それぞれの環境にどのように対応してきたのか、私が大事にしてきたコミュニケーション
と自己と組織の育成に焦点を当てながらお話しいたします。
※単独講演、トークショー(司会付)いずれも可能。

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ