お薦め講師紹介

佐藤 達夫 ( サトウ タツオ )

職 業 食生活ジャーナリスト
有)れりび 代表
ジャンル ○教育・健康・環境・生活
コメント 食生活ジャーナリストとして、新聞・雑誌・テレビを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。
日本人の長寿は「幸せな長寿」かなど、大人の食育についてもわかりやすい講演。

プロフィール
1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。
1971年北海道大学水産学部卒業。
海洋レジャー雑誌の編集部を経て、1980年女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。

1999年に独立し、編集プロダクション LET IT BE(れりび)を設立。
食生活ジャーナリストとして、新聞・雑誌・テレビを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。
食生活ジャーナリストの会会員、日本医学ジャーナリスト協会会員、女子栄養大学生涯学習講師、コープかながわリスクコミュニケーション委員会副委員長。

適食情報 食生活ジャーナリスト 佐藤達夫のホームページ>>

講演テーマ
あなたはなぜやせないか
[レジュメの一部]
肥満はなぜいけないの?
・「私の肥満は遺伝」だと思う人に
・「よくないダイエット」の見分け方3つのポイント
・ダイエットを成功させる3つのポイント
・「自分にあったダイエット」を見つけよう!
食品表示の見方・選び方
[レジュメの一部]
牛肉の原産地表示は信用できるのか
・保存料不使用と書いてある加工食品は安全で安心なのか
・有機農産物や無農薬農産物は本当に農薬が使われてないのか
・大量に輸入されている遺伝子組み換え大豆は何に使われているの?
・砂糖不使用と書いてあるお菓子は食べても太らないの?
・賞味期限が過ぎた食品は捨てるほうがいいの?おとなの食育
[レジュメの一部]
日本人の長寿は「幸せな長寿」か
・「口で食べる」時代から「頭で食べる」時代へ
・肥満は万病の元・痴呆にならないための6カ条
・生活習慣病を予防する外食の選び方・身体にやさしいお酒の飲み方
・自分の健康は自分で守る!

どうしますか?中高年からの二人暮らし
[レジュメの一部]
二度目の二人暮らしがやってくる
・テレビの健康情報では健康にはなれない
・「料理」は大変な知識、技術、経験、体力を必要とする
・老後の人生設計は「健康」が前提になって成立している
・二度目の二人暮らしは「愛」より「健康」

安全な食品の選び方・食べ方
[レジュメの一部]
・牛肉は安全か
・鶏肉は安全か
・中国産ほうれん草は安全か
・キンメダイは安全か
・遺伝子組み換え食品は安全か
・食品添加物は安全か・水道水は安全か
・「100%安全な食べ物」というものはない

野菜を食べて健康になろう!
[レジュメの一部]
日本人はなぜ野菜不足になるのか?
・「野菜を一日350g食べれば健康になれる」わけではない
・野菜の栄養的特徴はどこにあるか
・野菜と生活習慣病との関係
・サプリメントは野菜の代わりにはならない!

テレビの健康情報を検証する
[レジュメの一部]
赤ワインが心臓病を予防する
・ポリフェノールがガンを予防する
・黒酢で糖尿病の薬が要らなくなる
・長寿のためには粗食がいい
・野菜を350g食べれば健康になる
・健康のためには悪玉コレステロールを減らそう
・カルシウム不足の子供はキレやすい
・トマトの代わりにトマトジュースを飲めば同じこと

男の家事が社会を変える
[レジュメの一部]
食べ物が健康をひいては後半の人生を左右する
・「健康的な食生活」と「女性の社会的自立」を両立させる2つの手段とは
・不健全な生活のツケは「男の体」に現れる・男性が料理をする時の4原則

実績/書籍 等
『栄養と健康のウソホント』 (社団法人家の光協会)
『これが糖血病だ!』 (女子栄養大学出版部)
『安全な食品選び方・食べ方事典』 (成美堂出版)
『野菜の学校』 (岩波書店)
『新しい食品表示の見方がよくわかる本』 (中経出版)
『野菜のビタミンとミネラル』 (女子栄養大学出版部)
『クスリとからだの本当の話』 (PHP研究所)
ほか多数

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ