お薦め講師紹介

小川 和久 ( オガワ カズヒサ )

職 業 国際政治・軍事アナリスト
ジャンル ○政治・社会・国際・法律
コメント 新聞記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。 外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、重要インフラ防護など)の分野で、政府の政策立案に関わり、小渕内閣では野中官房長官と ドクター・ヘリを実現。NPO法人・国際変動研究所理事長ならびに軍事アナリストとして活動。

プロフィール
1945年12月、熊本県葦北郡(現・八代市)生まれ。
中学卒業後、経済的事情により第7期自衛隊生徒として陸上自衛隊生徒教育隊に入隊。
続いて、陸上自衛隊航空学校、同・霞ケ浦分校で航空機整備を学ぶ。
この時期、神奈川県立湘南高等学校通信制で併学する。
同志社大学神学部を中退後、日本海新聞(鳥取の県紙)で司法・教育・労働・県政を担当する。
目本海新聞の倒産で、講談社『週刊現代』の記者となり、9年間にわたって政治・社会問題を担当。
1984年3月、日本初の軍事アナリストとして独立する。

◇役職
(株)危機管理総合研究所代表取締役研究所長

◇委員等
国土交通省・海上保安庁海上テロ対策研究会委員(2003年~)
総務省消防庁・消防審議会委員(2003年~)
総務省・プライバシー保護研究会主査(2002年~)
国土交通省・海上保安庁政策懇談会委員(2002年~)
総務省・住民基本台帳ネットワークシステム検討委員(2002年~)
総務省消防庁・常備消防体制検討委員会委員(2002年)
総務省消防庁・防災・危機管理教育のあり方に関する調査懇談会委員(2002年)
(財)日本消防設備安全センター・消防防災lT未来懇談会主査(2002年)
内閣官房・危機管理研究会主査(2001年~)
内閣府・沖縄振興開発審議会専門委員(1999年~)
内閣府・ドクターヘリ調査検討委員会委員(1999年~2000年)
自由民主党総合政策研究所政策委員(外交・安全保障)(1990年~)
(財)日本国際政治学会評議員(2000年~)
沖縄県・沖縄国際平和研究所基本計画検討委員(1996年~97年)
(財)国際協力推進協会参与(外務省所管、1992年~2000年)ほか

◇講師等
人事院上級職国家公務員研修講師 (安全保障) (1991年~)
防衛庁統合幕僚学校研修講師 (国際政治) (1991年~)
陸上自衛隊幹部学校研修講師 (幹部高級課程、危機管理) (1991年~)
航空自衛隊幹部学校研修講師 (幹部高級課程、危機管理) (1991年~)
大韓民国政府上級職国家公務員研修講師 (人事院所管、日本の安全保障政策) (1995年~)
共同通信社・政経懇話会講師 (1984年~)
時事通信社・内外情勢調査会講師 (1994年~)    ほか

講演テーマ
日本の安全と繁栄の条件
危機と戦う~テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか

実績/書籍 等
『ウソつき車検~検証・日本車検制度の虚構』(共著) (講談社/三推社)
『原潜回廊~第三次世界大戦は日本海から始まる』 (講談社)
『在日米軍~軍事占領40年目の戦慄』 (講談社)
『図説・陸の自衛隊』 (講談社)
『図説・海の自衛隊』 (講談社)
『図説・空の自衛隊』 (講談社)
『ビジネスマンのための「この一冊」』(共著) (講談社)
『それでも「NO」と言える日本一日米間の根本問題』(共著) (光文社)
『「湾岸危機」の教訓一戦略なき日本の敗北』 (PHP研究所)
『新世紀のアジアー日本がもつべきシナリオ』 (サイマル出版会)
『「頭脳なき国家」の悲劇』 (講談社) 
『ヘリはなぜ飛ばなかったか~阪神大震災の教訓』 (文藝春秋)
『中国における旧日本軍化学兵器処理問題に関する調査』 (政府参考資料)
『対テロリズム戦争』(共著) (中央公論新社)
『危機と戦う一テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか』 (新潮社)
『日本は「国境」を守れるか』 (青春出版社)
『アメリカの対テロ部隊』(監訳) (並木書房)
『アメリカのネットワーク・セキュリティの現状』 (政府資料)
他多数

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ