お薦め講師紹介

宮崎 学 ( ミヤザキ マナブ )

職 業 自然界の報道写真家
ジャンル ○教育・健康・環境・生活
コメント 中央アルプスのふところ、動植物に恵まれた環境を生かして動物写真を撮り続け、「けもの道」を中心としたほ乳類および猛禽類の撮影では独自の分野を開拓。 現在自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中

プロフィール
1949年 長野県生まれ。
      精密機械会社勤務を経て、
1972年 独学でプロ写真家として独立。
      中央アルプスのふところ、動植物に恵まれた環境を生かして動物写真を撮り続け、「けもの道」を
      中心としたほ乳類および猛禽類の撮影では独自の分野を開拓。
      現在自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中。
1978年 「ふくろう」で第1回絵本にっぽん大賞受賞。
1982年 「鷲と鷹」で日本写真協会新人賞受賞。
1990年 「フクロウ」で第9回土門拳賞受賞。
1995年 「死」で日本写真協会年度賞受賞。
1995年 「アニマル黙示録」で講談社出版文化賞受賞。
2003年 「アニマルアイズ」で第56回広告電通賞『ポスター広告電通賞』第一部門賞受賞。
2003年 「JR北海道キャンペーン」でJR東日本ポスターグランプリ2003 金賞受賞。

現在 長野県駒ヶ根市在住。日本写真家協会会員。NHK長野放送局番組審議委員。

講演テーマ
「自然環境と人間社会」
「自立して生きるための知恵」
「自然からのメッセージ」
「死からみた環境エコロジー」

実績/書籍 等
『アニマルアイズ』
①ごちそう砦(とりで) ②死を食べる ③明るい夜 ④あったかねぐら ⑤においの地図 (偕成社)
『鷲と鷹』 (平凡社)
『けもの道の四季』 (平凡社)   
『フクロウ』 (平凡社)
『冬のけもの道』 (理論社)
『アニマル黙示録』 (講談社)
『死-Death in Nature』 (平凡社)
『樹想』 (アウレット)
『鷲鷹ひとり旅』 (平凡社)
『僕は動物カメラマン』 (どうぶつ社)
『野生に生きる』 (毎日新聞社)
『森の365日』 (理論社)
『宮崎学の自然観覧車』 (毎日新聞社)
『ハヤブサの都市』 (フレーベル館)
『野生動物が見つめるゴミ列島』 (太郎次郎社)
『クマタカの森と空』<児童書> (大日本図書社)
『カンムリワシ』<児童書> (平凡社)
『ニホンカモシカ』<児童書> (あかね書房)
『伊那谷の仲間たち』<児童書> (新日本出版社)
『森の中の知恵くらべ』<児童書> (新日本出版社)
『ふくろう』<児童書> (福音館)
 他

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ