お薦め講師紹介

林家 木久扇 ( ハヤシヤ キクオウ )

職 業 落語家
ジャンル ○芸術・芸能
コメント 絵画やラーメンと多才な落語家。テレビでお馴染みの親しみやすいお人柄から、元気になる講演も好評。

プロフィール
昭和12年 東京日本橋生まれ
昭和31年 3月東京都立中野工業高等学校 食品化学科卒業。
     4月森永乳業㈱新宿工場就職。同年8月に漫画家清水崑氏門下へ入門。
     鎌倉にて書生として過ごす。
昭和35年 8月崑氏の紹介により落語家桂三木助門下へ入門。芸名桂木久男で見習い。
昭和36年 11月桂三木助没後、林家正蔵門下へと移り、前座となり芸名 林家木久蔵となる。
     初高座は新宿末広 亭、演題は『寿限無』。
昭和40年 9月ニツ目昇進。
昭和41年 日本テレビ『笑点』のレギュラーメンバーとなる。司会は前田武彦氏。
昭和47年 TBS朝のワイドショー『モーニングジャンボ(のち”奥さま八時半です”改題)』にレギュラー出演、
     以後10年間、レポーター等を努める。
9月林家木久蔵のまま真打ち昇進。
昭和56年 ラーメンについての本邦初の単行本一『なるほど・ザ・ラーメン』をかんき出版より出す。
     ラーメンブーム起こる。
昭和57年 東京新宿クッキングアカデミーにて『全国ラーメン党』結成、会長に就任。
     ラーメン店チェーン化始まる。
昭和58年 東京銀座、ギャラリー中島にて初個展『林家木久蔵美人画展』を開く。
昭和61年 東京新宿タカノギャラリーにおいて『私の下町五十景』と題して下町風景画の初個展を行う。
     画文集も出版(三修社)。
平成元年 スペイン・バルセロナ市にラーメン党の店『カサ・デ・ボスケキク』がオープン
平成 4年 3月島根県美都町山中に”木久蔵アトリエ”完成。
     4月TBSテレビ『木久蔵の人情一本釣り(月曜日~金曜日)』司会者として番組スタート。
     同年10月終了。
     ㈱日本漫画家協会会員に推薦をうけ正会員となる。
     8月㈹落語協会理事に就任。
     10月東京日本橋・丸善ギャラリーにて『日本橋発林家木久蔵錦絵展』を開催。
平成 6年 関東版かもめ一る『かえり船にかえる』発売。(木久蔵イラスト)
平成 7年 日本医科大学にてリウマチ治療のため落語会を行う。
     10月日本印章協会イメージキャラクター。
平成 8年 日本リウマチ財団全国大会(三越劇場)にて落語会を行う。
平成 9年 東京郵政局ポスター製作。
     7月『ジャングル大帝』応援団として声の出演。オーツタイヤ『ファルケン』のCM出演。
平成10年 映画『ドラえもん南海大冒険』にて海賊パンチョ役として声の出演。
平成11年 1月タイ バンコクにて『全日空寄席』出演。
     5月日本テレビ『いつみても波欄万丈』出演。
     9月東邦生命ホールにて『木久蔵・きくお親子会』実施。
     11月NHKラジオ『話芸・笑芸・あたり芸』きく姫と師弟共演。

*東京新聞土曜日(夕刊)に『キクゾウ交友録』連載(H8・5月~H12・3月)
*このほか(株)日本俳人協会会員、鯨の食文化を守る会会員など精力的に活躍する他、
  H15年5月14日~19日 浅草松屋にて個展を開催するなど多才な才能を発揮している。
  また、H12年1月より北海道ニセコ町観光大使を務める。

講演テーマ
僕の人生落語だよ!
笑いと健康
笑いと人生

実績/書籍 等
『木久蔵流 がんばらない子育て』   (教育評論者)
『多羅尾伴内 七つの顔の男』  (ワイズ出版)
『僕の人生落語だよ(新書版)』  ((株)ポプラ社)
『バカの中身』  ((有)うなぎ書房)
『脳内リセット』   ((株)主婦の友社)
『昭和下町人情ばなし』  (NHK出版)
『落語の隠し味』   (フレーベル館)

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ