お薦め講師紹介

長谷川 慶太郎 ( ハセガワ ケイタロウ )

職 業 経済評論家
ジャンル ○経済・経営・ビジネス
○政治・社会・国際・法律
コメント 新聞記者、証券アナリストを経て、昭和38年から独立、国際エコノミストとして活躍中。最先端の技術を踏まえた「現場」から見る独自の経済分析と先見力は大きくクローズアップされている。 専門は日本内外にわたる経済分析、軍事問題、エネルギー(環境保全)問題など。

プロフィール
昭和 2年 京都生まれ。
昭和28年 大阪大学工学部卒。
新聞記者、証券アナリストを経て、昭和38年から独立、国際エコノミストとして活躍中。
最先端の技術を踏まえた「現場」から見る独自の経済分析と先見力は大きくクローズアップされている。
専門は日本内外にわたる経済分析、軍事問題、エネルギー(環境保全)問題など。

講演テーマ
日本経済とこれからの経営
日本経済こうすれば良くなる

実績/書籍 等
『情報化社会の本当の読み方』  (PHP研究所)
『マージャン、カラオケ、ゴルフをおやめなさい』 (PHP研究所)
『蘇れ日本経済』 (PHP研究所)
『世界が日本を見傲う日』 (東洋経済新報社)
『組織の戦闘力』 (東洋経済新報社)
『日本はこう変わる』 (徳間書店)
『世界はこう変わる』 (徳間書店)
『超失業』 (徳間書店)
『投機の時代』 (中央公論社)
『さよならアジア』 (文芸春秋社)
『日本の革命』 (文芸春秋社)
『大分水嶺』 (講談社)
『デフレ不況の脅威』 (学研)
『アメリカの警告』 (東洋経済新報社)
『軍事がわかれば世界が見える』 (PHP研究所)
『北朝鮮の最終結末』 (PHP研究所)
『中国の深層』  (日本実業出版) 
『千載一遇の大チャンス』 (講談社インターナショナル)
『大統領が変わると日本はどこまで変わるか?』 (ソニーマガジンズ)
『長谷川慶太郎の大局を読む(2009年)』 (李白社)
『中国大乱を乗り切る日本の針路』 (ベストセラーズ)
『日本は「環境力」で勝つ-「省エネ」「低炭素化」技術が世界を救う』  (東洋経済新報社) 
       他多数

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ