お薦め講師紹介

江上 剛 ( エガミ ゴウ )

職 業 作家
ジャンル ○経済・経営・ビジネス
○政治・社会・国際・法律 
コメント 97年第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。銀行員としての傍ら、2002年「非情銀行」で小説家デビュー。 また、コンプライアンス体制のお話はもちろんのこと、組織における決断と責任などの講演も好評。

プロフィール
1954年生まれ、兵庫県出身。
1977年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、行内業務監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。
97年第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。この事件を元にした映画「金融腐蝕列島」(原作:高杉良、主演:役所広司)のモデルとなる。
銀行員としての傍ら、2002年「非情銀行」で小説家デビュー。
  
【テレビ出演】
「報道ステーション」(テレビ朝日)
「真相報道-バンキシャ!」(日本テレビ)
「新報道2001」(フジテレビ)

【ラジオ出演】
「Oh!Happy Morning」(JFN)月曜9:00

講演テーマ例
中小企業の再生と銀行のあり方
銀行とのつきあい方
組織における決断と責任
組織と呪縛
新しい組織へ~コンプライアンス体制の確立
モラルハザードと危機管理
組織における危機管理
企業広報とリスク管理
銀行の行方と日本経済
リストラとサラリーマン~リストラされる人されない人
第二の人生にむけて今出来ること
ピカレスク的人生~筋を通す
他ご相談に応じて
主な著書等
『銀行支店長、走る』 (実業之日本社)
『慟哭の家』 (ポプラ社)
『帝都を復興せよ』 (光文社)
『東京タワーが見えますか。』 (講談社)
『55歳からのフルマラソン』 (新潮新書)
『リベンジ・ホテル』 (講談社文庫)
『人生に七味あり』 (徳間書店)
『さらば銀行の光』 (新潮社)
『信なくば、立たず-サラリーマン『論語』小説』 (光分社)
『告発の虚塔』 (幻冬舎)
  
●連載
日刊ゲンダイ(月)、WEDGE 等多数

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ