お薦め講師紹介

アグネス・チャン ( アグネス・チャン )

職 業 歌手/エッセイスト/教育学博士
ジャンル ○教育・健康・環境・生活
○政治・社会・国際・法律
コメント (財)日本対がん協会の「ほほえみ大使」に就任し、精力的にがんの早期発見と検診を訴えている。

プロフィール
香港生まれ
1972年「ひなげしの花」で日本デビュー。一躍アグネス・ブームを起こす。
上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。
’84年国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞。’85年北京チャリティーコンサートの後、エチオピアの
飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。
’89年米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。’94年教育学博士号(ph.D)取得。
’98年、日本ユニセフ協会大使に就任。タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピンと視察を続け、その現状を広くマスコミにアピールする。2000年には本格的に歌手活動を再開、シングル「この身がちぎれるほどに」が20万枚のヒットを記録。東京、大阪でのリサイタル「リ・インカーネーション」も大成功をおさめた。
2002年3月、初の短編小説集「パ-フェクト・カップル」(幻冬舎)を上梓。
現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、大学教授、日本ユニセフ協会大使など、知性派タレント、文化人として世界を舞台に幅広く活躍している。
2003年には全米で歌手デビューの予定。
講演テーマ例
みんな地球に生きるひと~日本の国際化と子供の未来~
水の惑星に生まれて~美しい海と川について~
小さな命からの伝言~21世紀へのメッセージ~
私のターニング・ポイント~私の生涯教育~
いじめない・いじめられない、いじめさせない
新しい女~家庭と仕事と子供と~
食と健康を考える~世界の食卓から~
〈新テーマ〉
みんな未来に生きるひと~少子・高齢化社会への提言~
   少子化は日本の未来を左右する重要な課題。アグネスは「問題と言えば問題。チャレンジと
   言えばチャレンジです」と、少子・高齢化社会を前向きにとらえています。地球的な視野から、
   政府、社会、個人に何ができるかを提言します。
21世紀の教育課題~心を豊かにする教育とは~
   「いじめ」ばかりでなく、「ひきこもり」、「パラサイト現象」が問題視されている子供たち。母親として、
   教育学博士として、「教育の基本は家庭にある」という信念を持つアグネスが、あらゆる視点から、
   教育改革、親・子の意識改革などについて言及します。
主な著書等
『みんな地球に生きる人/Part1・Prat2』 (岩波ジュニア新書)
『ママ博士にならなくてもいいよ』 (朝日新聞社)
『いじめない いじめられない いじめさせない』 (労働旬報社)
『みんな未来に生きるひと』 (旬報社)
『ねことねずみともだちになれるかな』 (翻訳/講談社)
『パーフェクト・カップル』 (幻冬舎)
『銃弾の指輪』 (幻冬舎)
『アグネスのやさしい中国料理』 (ブティック社)
『東京タワーがピンクに染まった日~今を生きる』 (潮出版社)
他 多数

SEIWA BUSINESS LINK
お気軽にお問い合わせください! 受付時間 9:00~17:00 土日祝祭日を除く

03-5439-2366

メールからのお問合せはこちら

このページのトップへ